外資生命保険会社について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

外資生命保険会社について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

チューリッヒの生命保険

チューリッヒの生命保険には、「ガン診断保険」、「スーパーガン保険」、「メタボリック対策医療保険」、「医療保険<10年更新>」、「終身ガン保険」、「積立ガン保険<養老保険特約付ガン保険>」、「終身医療保険」、「ガン保険2007」、「男の幸せって何?」、「男の幸せって何?(終身医療保険)」、「女の幸せって何?」、「女の幸せって何?(終身医療保険)」があります。

インターネットで、チューリッヒは生命保険の資料を簡単に請求することができます。

また、チューリッヒの生命保険はインターネで保険料の計算ができ、納得できたら、そのまま申込もできます。

因みに、今チューリッヒの生命保険をインターネットで申し込むと、主契約部分月額保険料の最大84%がキャッシュバックされます。

また、1商品のみでも申込みできますが、チューリッヒの生命保険は、他の商品とセットで申込むとさらにお得になります。

生命保険アフラック

アメリカンファミリー生命保険会社(American Family Life Assurance Company of Columbus)は、生命保険や医療保険を販売するアメリカ合衆国の保険会社です。

2005年から対外的な通称をAflac(アフラック)に統一し、現在は日本でも「アフラック」の呼称に統一されています。

生命保険アフラックは、日本とアメリカで保険を販売しており、がん保険分野ではパイオニアです。

アメリカでは、生命保険アフラックは、企業内代理店を中心とする代理店による販売方式で業績を伸ばしました。

日本では生命保険アフラックは、がん保険で有名ですが、民間医療保険が医療の原則であるアメリカでは、日本でのような公的医療の補完としてのがん保険は存在しません。

がん保険を含む第三分野保険の販売事業は、事実上外資系保険会社のみに独占的に許可されており、生命保険アフラックは、その恩恵の下でのビジネスを行ってきました。

その結果、生命保険アフラックは、がん保険分野における寡占企業となっています。

アリコ生命保険について

アリコ生命保険会社には、目的に応じて複数のコールセンターがあります。

アリコ生命保険のカスタマーサービス部では個人年金保険以外の保険商品に関する各種請求、問い合わせを受け付けています。

個人年金保険および提携金融機関で販売する商品を専門的に扱っているのは、アリコ生命保険のファイナンシャルサービスセンターです。

資料請求の受付や、申し込みの受付、契約の前の疑問等には、アリコ生命保険のテレマーケティングセンターで答えてくれます。

資料請求をしたお客さん一人ひとりに対し、決まった担当者(リレーションシップ・レプリゼンタティブ)が、契約の申し込みまで、細やかなコンサルティングを提供するのが、アリコ生命保険のアリコダイレクトリレーションシップセンターです。

アリコ生命保険ホームページには、保険商品情報、保険加入時のアドバイス、必要保障額シミュレーションができる保険ナビなどが設けられている通販サイトがあります。
また、携帯電話では、いつでもアリコ生命保険のモバイルサイトで保険に関するさまざまな情報を提供しています。

アクサ生命保険って何?

AXA(アクサ)グループは、1817年に生まれた世界最大級の保険・金融グループで、フィナンシャル・プロテクション(個人から大企業まで、生涯を通じて、損害保険、生命保険、老後資金、相続に関するニーズに応えていくビジネス)をコアビジネスとしています。

アクサ生命保険株式会社は、1994年にAXAグループの日本法人として設立されました。

2000年3月、アクサ生命保険株式会社は日本団体生命保険と共同保険持株会社を設立し、共に同持株会社の100%子会社となり、そして、2005年10月、アクサ生命保険株式会社は、同じく同持株会社の100%子会社であるアクサグループライフ生命保険と合併しました。

現在アクサ生命保険株式会社は、日本の保険・金融市場で強固な基盤を築くとともに、AXAグループの経営資源を活用し、営業活動を展開しています。

S&P(スタンダード・アンド・プアーズ社)によるアクサ生命保険株式会社の保険財務力格付けは『AA』(2007年7月1日現在)となっています。

アメリカンファミリー生命保険会社とは?

アメリカンファミリー生命保険会社(American Family Life Assurance Company of Columbus)は、生命保険や医療保険を販売するアメリカ合衆国の保険会社です。

2005年から対外的な通称をAflac(アフラック)に統一し、現在は日本でも「アフラック」の呼称に統一されています。

アメリカンファミリー生命保険会社は、日本とアメリカで保険を販売しており、がん保険分野ではパイオニアです。

アメリカでは、アメリカンファミリー生命保険会社は、企業内代理店を中心とする代理店による販売方式で業績を伸ばしました。

日本ではアメリカンファミリー生命保険会社は、がん保険で有名ですが、民間医療保険が医療の原則であるアメリカでは、日本でのような公的医療の補完としてのがん保険は存在しません。

がん保険を含む第三分野保険の販売事業は、事実上外資系保険会社のみに独占的に許可されており、アメリカンファミリー生命保険会社は、その恩恵の下でのビジネスを行ってきました。

その結果、アメリカンファミリー生命保険会社は、がん保険分野における寡占企業となっています。

ING生命保険とは?

ING生命保険株式会社は、ヨーロッパ生まれのナショナーレ・ネーデルランデン生命保険会社N.V.の日本支店として、1986年4月に営業を開始しました。

大災害や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つである、ソルベンシー・マージン比率が、ING生命保険は、1405.2%(平成19年3月末)と高いものとなっています。

また、ING生命保険は、スタンダード&プアーズ社より保険財務格付け「AA−」を取得しています(2007年10月1日現在)。

社員参加型の社会貢献活動を推進しているING生命保険では、社員が給与から毎月ユニセフの活動に寄附できる制度の他、 地域社会に貢献するチャリティ・イベントへの参加や、ボランティア活動を始めています。

また、中学生の職場体験など、日本の子どもたちの教育向上と健全な育成のためにもING生命保険は支援していますし、また環境保護にも積極的に取り組んでいます。

プルデンシャル生命保険株式会社とは?

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。

プルデンシャル生命保険株式会社の本社があるプルデンシャルタワーは、大火災を起こしたホテルニュージャパンの跡地に千代田生命保険が建設中だったものを、同社の経営破綻により買収して完成させたものです。

1927年アメリカで発足したMillion Dollar Round Table(MDRT)は、優秀な成績を収める生命保険営業社員で構成され、「自己研鑚」「最高水準の知識を持つ」など、社会や保険制度に貢献するための道徳規範を掲げています。

この、MDRT日本会に所属するプルデンシャル生命保険株式会社のライフプランナーは、日本の生命保険会社の中では最多の895名(2006年4月現在)です。
これは、プルデンシャル生命保険株式会社のライフプランナーが高い資質を備えていることを証明しています。

プルデンシャル生命保険株式会社の親会社であるプルデンシャル ファイナンシャルは、生命保険、投資信託、年金、退職関連業務、資産運用、不動産仲介などのサービスを世界30カ国以上の人々に提供しており、2007年、フォーチュン誌では「世界で最も賞賛される企業」生命保険部門において、1位に選ばれました。

ハートフォード生命保険って?

ハートフォード生命保険株式会社は、米国で成功を収めているビジネス・モデルを採用し、銀行、信託銀行、信用金庫、証券会社などの販売会社を通じて生命保険を販売しています。

ハートフォード生命保険では、「年金の達人」として優れた商品、サービスを提供しています。

保険金を支払う能力に対する保険財務力の格付けを、ハートフォード生命保険は、スタンダード&プアーズ社より高水準な「AA−」の評価を得ています。

大災害など通常の予測を超えて発生するリスクに対して支払余力を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標のひとつであるソルベンシー・マージン比率は、ハートフォード生命保険は2354.0%と非常に高いものになっています。(ソルベンシー・マージン比率が200%を下回った場合には、監督当局による早期是正借置がとられます)

米国では、覆面調査員が一般のお客さんに混じって金融機関の顧客サービスを受け、契約事務精度、電話での問い合わせ、取り引きに対する対応などを多角的な基準で評価する権威ある「ダルバー顧客サービス賞」と言うものがあります。

ハートフォード生命保険は、このダルバー顧客サービス賞を10年間連続受賞しています。

外資系生命保険とは?

外資系生命保険会社とは、外国に本社があったり、資本が外国の生命保険会社だったりする保険会社のことです。

社名がカタカナなので、カタカナ生保とも呼ばれています。

外資系生命保険会社の経営状態は優秀なところも多く、また、医療保険などの分野では多くの商品が揃っています。

掛け捨ては損という発想や、あとで値段の上がる更新型には否定的な外資系生命保険会社は、貯蓄性を兼ね備えた終身保険を主流に販売しています。

また掛け金の仕組みを工夫して、例えばたばこを吸わない人用の保険など、リスクを細分化した面白い保険が色々出て来ています。

男性営業マンが多い外資系生命保険会社は、一般宅への飛び込みはほとんどしません。

経営者団体や組合などにコネクションを作る等、人脈作りが独特であり、外資系生命保険会社のパソコンを駆使した説得力のある売り込みは、やり手のワンマン社長や、若手の経営者に好まれるようです。

アイエヌジー生命保険とは?

アイエヌジー生命保険株式会社は、ヨーロッパ生まれのナショナーレ・ネーデルランデン生命保険会社N.V.の日本支店として、1986年4月に営業を開始しました。

大災害や株の大暴落など、通常の予測を超えて発生するリスクに対応できる「支払余力」を有しているかどうかを判断するための行政監督上の指標の一つである、ソルベンシー・マージン比率が、アイエヌジー生命保険は、1405.2%(平成19年3月末)と高いものとなっています。

また、アイエヌジー生命保険は、スタンダード&プアーズ社より保険財務格付け「AA−」を取得しています(2007年10月1日現在)。

社員参加型の社会貢献活動を推進しているアイエヌジー生命保険では、社員が給与から毎月ユニセフの活動に寄附できる制度の他、 地域社会に貢献するチャリティ・イベントへの参加や、ボランティア活動を始めています。

また、中学生の職場体験など、日本の子どもたちの教育向上と健全な育成のためにもアイエヌジー生命保険は支援していますし、また環境保護にも積極的に取り組んでいます。

ジブラルタ生命保険について

ジブラルタ生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関、プルデンシャル ファイナンシャルの信用力・ノウハウを活用し、財務の健全化に取り組み、リスクを適正にコントロールし安定した収益力を確保しています。

また、徹底したコスト管理と営業効率の向上を図り、現在、ジブラルタ生命保険は、1000%を超えるソルベンシー・マージン比率を達成しています。

ソルベンシー・マージン比率とは、環境の変化などによる通常の予測を超えたリスクに対応できる「支払い余力」を有しているかを判断するための、行政監査上の指標の一つです。

ジブラルタ生命保険の同比率は、2007年9月末現在で、健全性の1つの基準である200%を上回る1087.4%となりました。

契約者の要望を直接聞き、収入や、家族構成、将来の経済状態等を分析し、ジブラルタ生命保険は、最も適した保障を選び、生命保険と金融の専門家であるライフプラン・アドバイザーによるサービスを生涯にわたり提供しています。

ジブラルタ生命保険株式会社は、個人保険、個人年金保険、団体保険、団体年金保険、再保険を扱っています。

マニュライフ生命保険とは?

マニュライフ生命保険株式会社は、「日本で最もプロ意識の高い生命保険会社を目指す」というビジョンを掲げ、革新的な商品・サービスの提供と、高度な専門性を備えた販売チャネルの強化を進めています。

ユニバーサル型生命保険と変額年金保険の2大戦略分野を中心に、マニュライフ生命保険は、日本市場で革新的機能を持つ商品を開発・販売しています。

販売チャネルに関しては、マニュライフ生命保険は、プランライト・アドバイザー(営業職員)チャネルはもちろん、MUFGグループ等の変額年金商品販売提携金融機関チャネルも強化してきました。

2007年にはMGA開発部を設け、代理店チャネルの構築・推進により、マニュライフ生命保険は、富裕層を中心に、より多くの人に商品・サービスをお届けすることを目指しています。

事業費管理にも徹底して取組み、マニュライフ生命保険は、強固な財務基盤を築き上げました。

マニュライフ生命保険は、スタンダード&プアーズ社から、「極めて強い保険財務力」を有すると評価され、最高位の保険財務力格付けである「AAA」(2007年9月30日現在)を取得しています。

プルデンシャル生命の生命保険はすごいぞ

プルデンシャル生命のライフプランナーのレベルは高く、また、離職率が非常に低く、担当者が途中で変わるということもほとんどないため、プルデンシャル生命の生命保険に入ると言うことは、そんなプロのアドバイザーが、一生涯、あなたのコンサルティング担当として付いてくれるということにもなります。

プルデンシャル生命の生命保険の場合、担当のライフプランナーが、お客さんの一生涯の資産設計を作成してくれますし、その全てが、その人に合ったオーダーメイドの内容なので、一般の生命保険に多い、色んな特約や保証が一つのセットになっている「パック」のような必要のないものまでくっついて来るような事は全くありません。もちろん無料です。

また、プルデンシャル生命の生命保険は、「保有契約件数(実際の契約総件数)」、「保有契約高(保証の総額)」ともに、18期連続の増加を果たしています(2006年決算時)。

プルデンシャル生命の生命保険には、もしもの際、午前中に担当のライフプランナーへ連絡すれば、300万円までなら、その日の内に保険金が支払われると言う、業界初の「即日支払」制度というのがあります。

保険金が払われる項目についてみてみると、例えば、被保険者が余命6ヶ月以内と判断された場合、まだ生きている内に死亡保険金が支払われる「リビング・ニーズ特約」が無料でついて来たり、骨髄バンクへドナー登録をし、骨髄提供をした人にも給付金が支払われる「ドナー・ニーズ・ベネフィット」という特約も無料でついて来るなど、プルデンシャル生命の生命保険は、他社と比べて項目が多いです。

アフラック生命保険はどんなだ?

アメリカンファミリー生命保険会社(American Family Life Assurance Company of Columbus)は、生命保険や医療保険を販売するアメリカ合衆国の保険会社です。

2005年から対外的な通称をAflac(アフラック)に統一し、現在は日本でも「アフラック」の呼称に統一されています。

アフラック生命保険は、日本とアメリカで保険を販売しており、がん保険分野ではパイオニアです。

アメリカでは、アフラック生命保険は、企業内代理店を中心とする代理店による販売方式で業績を伸ばしました。

日本ではアフラック生命保険は、がん保険で有名ですが、民間医療保険が医療の原則であるアメリカでは、日本でのような公的医療の補完としてのがん保険は存在しません。

がん保険を含む第三分野保険の販売事業は、事実上外資系保険会社のみに独占的に許可されており、アフラック生命保険は、その恩恵の下でのビジネスを行ってきました。

その結果、アフラック生命保険は、がん保険分野における寡占企業となっています。

プルデンシャル生命保険株式会社とは?

プルデンシャル生命保険株式会社は、米国最大級の金融サービス機関プルデンシャル・ファイナンシャルの一員の保険会社です。

プルデンシャル生命保険株式会社の本社があるプルデンシャルタワーは、大火災を起こしたホテルニュージャパンの跡地に千代田生命保険が建設中だったものを、同社の経営破綻により買収して完成させたものです。

1927年アメリカで発足したMillion Dollar Round Table(MDRT)は、優秀な成績を収める生命保険営業社員で構成され、「自己研鑚」「最高水準の知識を持つ」など、社会や保険制度に貢献するための道徳規範を掲げています。

この、MDRT日本会に所属するプルデンシャル生命保険株式会社のライフプランナーは、日本の生命保険会社の中では最多の895名(2006年4月)です。

これは、プルデンシャル生命保険株式会社のライフプランナーが高い資質を備えていることを証明しています。

プルデンシャル生命保険株式会社の親会社であるプルデンシャル ファイナンシャルは、生命保険、投資信託、年金、退職関連業務、資産運用、不動産仲介などのサービスを世界30カ国以上の人々に提供しており、2007年、フォーチュン誌では「世界で最も賞賛される企業」生命保険部門において、1位に選ばれました。