その他生命保険情報 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

その他生命保険情報 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の保険料について

生命保険の保険料は、支払い方法によって金額が変わり、安い方から順番に、一時払い、年払い、半年払い、月払いとなっています。

もし払える様であればまとめて払った方がお得です。

また、支払い経路でも生命保険の保険料は変わり、いちばん安い団体払いから順に口座振替、集金払いとなっています。

たばこを吸わない人や健康体の人は、死亡率が低いので、その分割安な保険料の保険が増えています。
普通の保険と比較すると2〜3割も割安なものもあります。

通信販売やネット販売専用の生命保険は、人件費の節減、医師の審査料を不要にする、保険の種類を基本的なものだけにするなど、色々な面から経費を削減して、その分生命保険の保険料を安くしています。

子供の成長に合わせて必要保障が小さくなる事に対応して、生命保険の保険料がだんだん安くなる逓減型定期保険というものがありますが、保険金額の減り方までは自分の都合に合わせて決める事は出来ませんので注意して下さい。

保険金額が同じ場合、配当型より無配当型の方が、また、貯蓄型より掛け捨て型の方が生命保険の保険料は割安です。

生命保険の審査って何?

生命保険の契約時には、過去の傷病歴、現在の健康状態、職業などについて告知書や生命保険会社の指定した医師による生命保険審査に事実をありのままに告げる「生命保険告知義務」があります。

生命保険会社指定の医師以外の職員に健康状態、傷病歴などについて口頭で伝えても告知したことにはなりません。

健康状態、傷病歴、職業などについて事実を告げなかったなど、生命保険審査の内容に告知義務違反があった場合には、契約(特約)が解除または無効とされて、保険金や給付金などが受け取れなくなることがあります。

中には、健康状態・過去の傷病歴に関する告知義務を課さない商品を取り扱っている生命保険会社もあります。

生命保険の解約や転換制度により、新たに契約する場合も生命保険審査があります。

また、高齢、過去に病歴がある場合、喫煙歴がある場合などに、医療保険、ガン保険などに新規加入する際は、生命保険審査時の告知義務違反に特に注意が必要です。

他に、精神的な病気(精神病や鬱等)を持つ場合、生命保険審査が通らないことが多く、新規に加入できないことがあります。
もし、加入できたとしても、保険料が割高になってしまいます。

生命保険の苦情とは?

生命保険の苦情で最も多いのが「保険金・給付金関係」、次に「新契約関係」「保全関係」「職員の態度やマナー」となっています。

具体的な生命保険の苦情には、「本来払うべき保険金を支払わない」「営業員が不正な契約をした」「保険の更新時期に依頼していないのに契約を切り替えられた」「書類を偽装して契約を解除された」などがあります。

営業職員の説明不足、虚偽説明、無断契約、健康状態の告知を避けるような言動など、営業職員の対応の悪さによる生命保険の苦情もたくさんあります。

こういったケースの生命保険の苦情には、営業員に苦情をいうと現場で処理されてうやむやになるケースが多いので、「お客様相談窓口」か「カスタマーセンター」などに相談しましょう。
営業の現場とは完全に切り離されているので対応も真摯です。

まずは、自分が基本的な生命保険の種類と特徴を理解・検討し、外交員にきちんと納得がいくまで説明を求めれば、こういった生命保険に関する苦情は減るでしょう。

自己破産をすると生命保険はどうなる?

生命保険が積立型の場合、解約時に解約返戻金が支払われる場合があります。
この解約返戻金は本人の財産と判断されますので、自己破産したら生命保険を解約して解約返戻金を支払う必要があります。

ただし、生命保険の内容によっては解約返戻金を担保にお金を貸し付けてくれる、契約者貸付制度という制度がありますので、この制度を利用して保険会社から借入を行い、解約返戻金を20万円以下にすれば、自己破産しても生命保険を解約する必要はなくなります。

また、相当額の負担であれば、自己破産の手続中でも生命保険の掛け金を支払うことは、生活に必要な経費として認められています。

本人の財産かどうかは、単に名義だけではなく実質的に本人の財産と認められるかどうかで判断されますので、親が本人名義で積み立てた生命保険でも、その解約返戻金が実質的に本人の財産と判断される場合には、自己破産したらその生命保険は解約する必要があります。

いずれにしても自己破産を申し立てる際には、生命保険の返戻金がどれくらお戻ってくるかという「解約返戻金証明書」を保険会社に発行してもらい、裁判所に提出する必要があります。

生命保険と高齢者

全国の消費生活センター等に寄せられる生命保険に関する相談をみると、契約者の高齢化がみられます。

生命保険に関する高齢者からの相談は、

『「資産運用」や「個人年金」をうたった保険を勧誘される』
『子や孫を被保険者とする生命保険を高齢者に契約させ、高額な保険料を支払わせる』

『本人の意に反して、契約内容を書き換えられる』
『高額な保険料を支払わされる』

等が代表的です。

また、契約内容に関する説明不足、契約した生命保険高齢者に適合していない、など、営業職員や代理店の販売方法によるトラブルも多いようです。

そこで、国民生活センターは、高齢者生命保険契約に関する相談の問題点をまとめ、また、トラブルの防止を社団法人生命保険協会に要望します。

生命保険高齢者が契約する時には

1、複雑な仕組みの生命保険を、高齢者一人で契約せず、周りの人に相談する
2、年齢や健康状態等から、無理をしてまで保険に加入する必要があるか、よく考える
3、万が一トラブルにあったり、契約内容がおかしいと思ったら、なるべくはやく最寄りの消費生活センター等に相談する

等に注意しましょう。

帝王切開と生命保険

これから出産される方は、帝王切開生命保険給付について関心があるのではないでしょうか。

帝王切開生命保険の手続き上「異常分娩」にあたり、医療保障に入っていれば、「手術給付金」も「入院給付金」も支払われます。

しかし、帝王切開生命保険に入る前に経験者している方の場合は、全く加入できないということはないでしょうが、「妊娠にともなう手術や入院は給付の対象外」となる可能性が高いでしょう。

ケガや別の病気での入院や手術については給付されるでしょうが、帝王切開のときに生命保険の給付を受けるのは難しいでしょう。

帝王切開での出産は健康保険がききますから、手術や投薬などの保険診療部分は高額療養費の対象になり、自己負担上限額を超えた部分は還付されますが、室料は健康保険はききません。

通常の出産は病気ではないので、健康保険はききませんし、医療保険に加入していたとしても入院給付金は支払われませんが、帝王切開は健康保険がききます。

普通分娩でもかかる費用や、高額療養費として還付される費用などを考えてみますと、帝王切開の場合、生命保険に入っていなくても、実際に持ち出す金額は普通分娩とあまり変わらないことが多いようです。

生命保険の解約返戻金とは?

生命保険を解約した場合、加入者に返還されるお金を生命保険の解約返戻金といいますが、契約条件が掛捨ての場合は生命保険の解約返戻金はありません。

「掛捨て」以外の場合は、保険を解約すると、今まで払い込んできた保険料の“一部”が生命保険の解約返戻金として戻ってきますが、保険に加入して3年以内に解約すると、積立金より返戻金は少なくなってしまいます。

定額保障の生命保険の解約返戻金は、加入から何年後にはいくらかということが、契約時に既に全て決まっています。

しかし、その時々の運用実績を反映させた商品の変額保険については、生命保険の解約返戻金は不確定です。

生命保険の解約返戻金は、

基本的には『(解約返戻金・満期保険金ー払込保険料ー特別控除額50万円)×2分の1』の計算式で、一時所得として課税されます。

積立配当金が支払われた場合は、これも受取保険金に含まれます。

サラリーマンなどの場合、給与所得、退職所得以外に所得があり、この一時所得を足した額が20万円を越えてしまった場合には、確定申告をしなくてはなりません。

ですので、何口かの保険契約がある場合には、受け取る年を同じにしないほうが得策です。

生命保険の事務処理いろいろ

重要な生命保険の事務処理に慎重を期すため、複雑になりがちな事務作業を低減することが急務でした。

営業の現場からの要望により、システムの開発、テストなどが進み、アクサ生命グループでは、ANNEXを開発しました。

ANNEXではインターネットを経由し、契約内容の照会や試算、異動請求書や送金通知書の自動作成から入手まで、生命保険の事務処理が行なえ、ネットワーク化、電子化が可能な生命保険の事務業務をとても便利にしました。

また、お客さんに見えないところでの生命保険の事務処理には多くの工程に分かれています。

新商品の投入などにより、増加、複雑化していくばかりの生命保険の事務処理の改善に、住友生命は、ナレッジを活用し、生命保険の事務作業の省力化を実現しました。
そのシステムの中核をなすのはConcept Baseです。

紙ベースでの対応では、もはや限界に来ていた生命保険の事務作業を、データベース化し、スムーズに取り出せるよう、専用のナレッジポータルを導入したのです。

そのほか、大同生命では、事務プロセスを抜本的に見直した新事務システムを取り入れています。

このシステムは、新契約・保全・支払・収納などに関わる事務には、プロセスをWeb上で処理する「WorkCoordinator」です。
また、Webトランザクション処理には「Cosminexus」を採用し、機能を充実しています。

生命保険の診断とは?

生命保険の契約時には、過去の傷病歴、現在の健康状態、職業などについて告知書や生命保険会社の指定した医師による生命保険の診断に事実をありのままに告げる「生命保険告知義務」があります。

生命保険会社指定の医師以外の職員に健康状態、傷病歴などについて口頭で伝えても告知したことにはなりません。

健康状態、傷病歴、職業などについて事実を告げなかったなど、生命保険の診断の内容に告知義務違反があった場合には、契約(特約)が解除または無効とされて、保険金や給付金などが受け取れなくなることがあります。

中には、健康状態・過去の傷病歴に関する告知義務を課さない商品を取り扱っている生命保険会社もあります。

生命保険の解約や転換制度により、新たに契約する場合も生命保険の診断があります。

また、高齢、過去に病歴がある場合、喫煙歴がある場合などに、医療保険、ガン保険などに新規加入する際は、生命保険の診断時の告知義務違反に特に注意が必要です。

他に、精神的な病気(精神病や鬱等)を持つ場合、生命保険の診断が通らないことが多く、新規に加入できないことがあります。
もし、加入できたとしても、保険料が割高になってしまいます。

生命保険の告知義務とは?

契約時には、過去の傷病歴、現在の健康状態、職業などについて告知書や生命保険会社の指定した医師などの質問に事実をありのままに告げる「生命保険告知義務」があります。

生命保険会社指定の医師以外の職員に健康状態、傷病歴などについて口頭で伝えても告知したことにはなりません。

健康状態、傷病歴、職業などについて事実を告げなかったなどの生命保険告知義務違反があった場合には、契約(特約)が解除または無効とされて、保険金や給付金などが受け取れなくなることがあります。

中には、健康状態・過去の傷病歴に関する生命保険告知義務を課さない商品を取り扱っている生命保険会社もあります。

生命保険の解約や転換制度により、新たな生命保険を契約する場合も生命保険告知義務があります。

また、高齢、過去に病歴がある場合、喫煙歴がある場合などに、医療保険、ガン保険などに新規加入する際は、特に生命保険告知義務に注意が必要です。

コンプライアンス・オフィサーって何?

社内での法令遵守のための責任者をコンプライアンス・オフィサー(法令遵守責任者)と呼び、最高法令遵守責任者のことを CCO(chief compliance officer)と呼ぶ会社もあるようです。

コンプライアンスとは、簡単に言えば、「ルールや社会常識に従って行動すること」です。

コンプライアンス・オフィサーは生命保険コースの他に「銀行コース」、「消費者金融コース」、「クレジット会社コース」の認定試験があります。

コンプライアンス・オフィサーの生命保険コースの試験範囲は、生命保険業務共通(コンプライアンス態勢の整備)、募集・契約締結(募集に関する行為規制、契約の審査)、契約の保全(保険契約の変更・解約、保険金の支払)、その他の業務(証券類の販売、損害保険業務、資産運用)、会社・支社等の経営(コーポレート・ガバナンス、職場環境の確保)となっています。

試験日程については、コンプライアンス・オフィサーの生命保険コース、消費者金融コース、クレジット会社コースの3コースは9月上旬頃の年1回ですが、銀行コースは、1月下旬頃と9月上旬頃の年2回となています。

コンプライアンス・オフィサーは生命保険外交員や銀行員の法的な倫理遵守を問う仕事でり、かつこのコンプライアンス・オフィサーは生命保険会社にとって、とても重要なポストです。

住宅ローンの生命保険について

住宅ローン生命保険とは、ローン返済者が住宅ローンの返済途中で死亡または高度障害になった場合に、生命保険会社が本人に代わって住宅ローン残高を支払う保険で、団体信用生命保険(通称「団信」)」と言います。

金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、この住宅ローン生命保険は、掛け金も安く、また年齢による条件の差もありません。

もし万が一の場合、この住宅ローン生命保険に加入していないと、残された家族が住宅ローンを払い続けなければなりません。

住宅ローン生命保険は、健康状態を告知することで加入できますが、健康状態によっては加入できないこともあり、病歴がある場合は、病名や治療期間、症状や経過など細かく告知する必要があります。

銀行などの民間ローンの場合、この住宅ローン生命保険は強制加入となっており、保険料は金利の中から充当されます。

保険料の額は、借入金額・返済方法に応じて決まり、保険料料率の変更がなければ、債務残高の減少に伴い年々安くなります。

生命保険のシミュレーションをやってみよう

今は、インターネットのホームページから生命保険のシミュレーションが簡単に行えます。

色々な方法で生命保険のシミュレーションが行なえるので、見直しや比較が簡単にできます。

誰かに見直しや比較を相談するつもりの人も、一度、生命保険のシミュレーションを試してみることで、どれくらいの保障内容や保障額、年齢で、毎月の支払い掛け金がどれくらいになるのかを、まえもって、簡単に調べておくという事に使えます。

また、インターネットや雑誌から、多くの資料を集めた人の場合でも、自分が当初思っていた条件を変更するとどうなるのかを調べるのにも簡単に使えます。

生命保険のシミュレーションのサービスを提供しているホームページには、色々あります。

色々なホームページをひとつひとつ探していては大変だという事で、インターネットで生命保険のシミュレーションを行なう事が出来るホームページを集めて、紹介しているサイトもあります。

各社のホームページでは、保障内容や保障額などを設定するだけで、自分の場合はどうなのかを手軽に知る事が出来ます。

生命保険の口コミ情報

損害保険や生命保険口コミ掲示板サイトに「ほっけん」があります。

保険に関することならなんでも書込みOKで、保険商品について、自由に情報交換ができます。

「ほっけん」は保険の加入や変更を検討中の方や、生命保険口コミ情報を探している方等の投稿を待っています。

生命保険のなかでも、プルデンシャル生命保険とソニー生命保険は口コミ評判が良いので、この2社の間で迷う方が多いようです。

この2つの生命保険口コミで比較するのは、いろいろな情報がありすぎてとても大変です。

それぞれの生命保険の情報として、「プルデンシャル生命の評判口コミ」は、プルデンシャル生命保険の口コミ・評判情報が簡潔にまとまっているサイトです。

「Yahoo!知恵袋」、「教えて!goo」独自の口コミ情報などで、大体のプルデンシャル生命保険の口コミ情報を得ることができます。

加えて、「人力検索はてな」や「OKWave」などのQ&Aサイトを利用すれば、ネット上で得られるプルデンシャル生命保険の口コミ情報は網羅できます。

ソニー生命保険の口コミ情報を知るには、「Yahoo!ブログ検索(ベータ)」で検索するのが最適だと思います。

生命保険の控除について

生命保険契約を結ぶと、契約した人は保険会社に保険料を支払いますが、この支払った保険料の一定額までがその年の契約者の所得から差し引かれます。
これを生命保険の控除といいます。
この控除により、結果、所得税と住民税が軽減されます。

生命保険の控除とは別に、個人年金保険料控除、損害保険のなかの火災保険や傷害保険等の保険料控除があります。

生命保険の控除の対象になるのは、保険金受取人が本人、配偶者、親族で6等身以内の血族か3等身以内の姻族である生命保険の保険料で、その年の1月1日から12月31日までに払い込んだ保険料が対象になります。

同居していなくても親族であれば生命保険の控除の対象となります。

疾病入院や災害入院などの入院の保険特約を付帯している場合はその部分の保険料に関しては、生命保険の控除の対象になります。

自分で生命保険のシュミレーションをしてみよう

今は、インターネットのホームページから生命保険のシミュレーションが簡単に行えます。

色々な方法で生命保険のシミュレーションが行なえるので、見直しや比較が簡単です。

誰かに見直しや比較を相談するつもりの人も、一度、生命保険のシミュレーションを試してみることで、どれくらいの保障内容や保障額、年齢で、毎月の支払い掛け金がどれくらいになるのかを、まえもって、簡単に調べておくという事に使えます。

また、インターネットや雑誌から、多くの資料を集めた人の場合でも、自分が当初思っていた条件を変更するとどうなるのかを調べるのにも簡単に使えます。

生命保険のシミュレーションのサービスを提供しているホームページには、色々あります。

色々なホームページをひとつひとつ探していては大変だという事で、インターネットで生命保険のシミュレーションを行なう事が出来るホームページを集めて、紹介しているサイトもあります。

各社のホームページでは、保障内容や保障額などを設定するだけで、自分の場合はどうなのかを手軽に知る事が出来ます。

生命保険金について

一般に、生命保険金を受け取る権利は、保険契約によって発生するもので、民法上は相続財産には含まれません。

生命保険金の受取人として特定の人が指定されている場合には、生命保険金の請求権を持つ「受取人」のみが生命保険金を受け取ることができ、それは民法上相続財産ではなく、遺産分割の対象にもなりません。

生命保険金の受取人が、単に「相続人」と指定されている場合は、相続人各自が保険金請求権を取得しますが、それは相続としてではないので、民法上相続財産には含まれません。

相続人が受け取る生命保険金の割合については、保険会社の約款の多くは、「均等の割合」としていますが、保険会社によって内容が異る場合もあります。

一般的には、「相続人が平等の割合で取得する」という考え方と、「法定相続分による」という考え方があるようです。

死亡保険金の受取人は相続によって生命保険金を受け取るのではないので、相続放棄したとしても生命保険金を受け取る権利は無くなりません。

また、生命保険を受け取ると単純承認とみなされたり、相続放棄ができなくなるといったこともありません。

相続税法上、生命保険金は、「みなし相続財産」として課税されますが、非課税部分がありす。

生命保険の人気って何?

生命保険会社に限らず、生命保険に関する相談に乗ってくれる会社やサイトはたくさんあります。

あるサイトの生命保険人気サービスに、生命保険会社に属さない独立系ファイナンシャルプランナーによる生命保険見直し相談サービスがあります。

また、複数の保険会社を取り扱うことができる、相談経験歴5年以上のプロのファイナンシャルプランナーによる生命保険見直し相談サービスも、生命保険人気サービスです。

特定の生命保険会社に属さない独立系ファイナンシャルプランナーによる生命保険加入や見直しの相談サービスも、生命保険人気サービスです。

このサービスでは、複数の生命保険会社・生命保険商品の中から、特定の保険商品だけに偏ることなく、最適なプランを提案してもらうことができます。

これらは、いずれも無料で、相談後のしつこい勧誘や売り込みなどは一切ありません。

特に、女性の生命保険人気商品は、個人年金保険ですが、見直しする場合には、好みに応じて養老保険や定期保険を検討してみるのもよいかもしれません。

また、各社生命保険人気商品をランキング方式で掲載しているサイトもあります。

日本の団体信用生命保険について

日本の団体信用生命保険(通称「団信」)は、ローン返済者が住宅ローンの返済途中で死亡または高度障害になった場合に、生命保険会社が本人に代わって住宅ローン残高を支払う保険です。

金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、日本の団体信用生命保険は、掛け金も安く、また年齢による条件の差もありません。

もし万が一の場合、日本の団体信用生命保険に加入していないと、残された家族が住宅ローンを払い続けなければなりません。

日本の団体信用生命保険は、健康状態を告知することで加入できますが、健康状態によっては加入できないこともあり、病歴がある場合は、病名や治療期間、症状や経過など細かく告知する必要があります。

銀行などの民間ローンの場合、日本の団体信用生命保険は強制加入となっており、保険料は金利の中から充当されます。

保険料の額は、借入金額・返済方法に応じて決まり、保険料料率の変更がなければ、債務残高の減少に伴い年々安くなります。

日本国籍の方または永住許可などを受けている外国人の方も日本の団体信用生命保険に入る事が出来ます。

生命保険契約者保護機構について

生命保険契約者保護機構は、平成10年(1998年)12月1日に保険業法に基づいて設立された法人で、国内で事業を行う全ての生命保険会社が加入しています。

生命保険会社と保険契約者の相互援助制度として、万一、生命保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構が、破綻保険会社の保険契約移転等に対する資金援助、補償対象保険金の支払に関わる資金援助等を行います。

また、生命保険会社の更生手続においては、生命保険契約者保護機構は、更生管財人が作成した更生計画案の決議会議等における議決権行使等、更生手続における保険契約者の一切の手続を代行します。

生命保険契約者保護機構の財源は、生命保険会社各社の負担金からなっており、破綻した生命保険会社の保険契約者の保護のために、その負担金から資金援助等を行うことになっています。

ただし、平成21年(2009年)3月末までに生命保険会社が破綻した場合で、その負担金だけで資金援助等の対応ができない場合には、国会審議を経て、国から生命保険契約者保護機構に対して補助金を交付することとされています。