生命保険の税金とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の税金とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の税金について

被保険者の死亡に伴って生命保険金を受け取った場合には、その保険の保険料負担者がだれであったかによって生命保険税金の課税関係が変わります。

保険の契約者や保険金受取人を途中で変えても、その段階では課税関係は発生しませんが、名義変更を受けた人が契約を解約して解約返戻金を取得した場合には、その解約返戻金のうち、前の契約者が支払った保険料については、その契約者からの贈与と扱われ、生命保険税金として贈与税が課される場合があります。

保険契約期間中に配当金を受け取った場合には、所得税も住民税もかかりませんが、生命保険料控除の計算に当たって、支払った保険料の金額から控除することになります。保険金の支払開始日以後の支払い配当金については、年金の場合は雑所得、一時金の場合は一時所得となり、生命保険税金として課税されます。

身体への傷害によって支払いを受ける給付金については生命保険税金としては課税されません。

一般的に税金の負担が最も重いのは贈与税です。
受け取るときの生命保険税金にもよく目配りし、契約関係を見直すことも必要です。

生命保険金の相続税とは?

民法上は相続財産ではありませんが、被相続人の死亡を原因として相続人のもとに入ってきた財産は、税法上「みなし相続財産」とされ、こういった生命保険金には相続税が課税されます。

死亡保険金は、民法上は亡くなった人の財産(遺産)ではなく、死亡によって契約上受取人に指定された人の固有の財産ですが、相続税法上は、生命保険金相続税として課税するため、これを「みなし相続財産」と呼んでいます。
     
生命保険における「みなし相続財産」は、被相続人の死亡によって生じることから、実質的には、相続財産と同じ、死亡保険金、死亡退職金等のことを言い、これらは、生命保険金相続税として課税されます。

このように、生命保険の場合のみなし相続財産は、生命保険金相続税として課税されますが、一定額(500万円×法定相続人の数)までは、非課税財産として控除できます。

生命保険金の場合、死亡保険金を受け取った時の生命保険金相続税は、被保険者(保険の対象者)、保険契約者(保険料の支払者)および保険金の受取人がだれであるかによって異なります。

生命保険の税金について

被保険者の死亡に伴って生命保険金を受け取った場合には、その保険の保険料負担者がだれであったかによって生命保険税金の課税関係が変わります。

保険の契約者や保険金受取人を途中で変えても、その段階では課税関係は発生しませんが、名義変更を受けた人が契約を解約して解約返戻金を取得した場合には、その解約返戻金のうち、前の契約者が支払った保険料については、その契約者からの贈与と扱われ、生命保険税金として贈与税が課される場合があります。

保険契約期間中に配当金を受け取った場合には、所得税も住民税もかかりませんが、生命保険料控除の計算に当たって、支払った保険料の金額から控除することになります。保険金の支払開始日以後の支払い配当金については、年金の場合は雑所得、一時金の場合は一時所得となり、生命保険税金として課税されます。

身体への傷害によって支払いを受ける給付金については生命保険税金としては課税されません。

一般的に税金の負担が最も重いのは贈与税です。受け取るときの生命保険税金にも目配りを欠かさず、契約関係を見直すことも必要です。