生命保険の資格について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の資格について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の募集人資格について

生命保険の募集人資格の取得には、まず、生命保険の基礎知識を修得することを目的とした「一般課程試験」を受けます。

次の段階の生命保険の募集人資格には、一般課程で得た基礎知識をもとに、専門知識・周辺知識を修得し、顧客ニーズへの基本的対応力を高めることを目的とした「専門課程」があり、この専門課程試験合格者には『ライフ・コンサルタント(略称LC)』の称号が与えられます。

専門課程試験で得た知識を活かした応用力・実践力を養成し、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な全般的知識を修得することを目的とした生命保険の募集人資格に「応用課程」があります。

この「応用課程試験」合格者には『シニア・ライフ・コンサルタント(略称SLC)』の称号が与えられます。

応用課程試験の合格者を対象に、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な生命保険他、関連知識をより専門的なレベルで修得することを目的とした「生命保険大学課程 」が次の段階で、この生命保険の募集人資格「生命保険大学課程試験(全6科目)」合格者で、一定の条件を満たす者には『トータル・ライフ・コンサルタント〔生命保険協会認定FP〕(略称TLC)』の称号が与えられます。

変額保険の販売に必要な知識を修得することを目的とした生命保険の募集人資格「変額保険販売資格制度」は、生命保険募集人として登録済で、専門課程試験の合格者であること等、一定の要件を満たしている者を対象に試験を実施しています。

生命保険の資格とは?

生命保険の資格の取得には、まず、生命保険の基礎知識を修得することを目的とした「一般課程試験」を受けます。

次の段階の生命保険の資格には、一般課程で得た基礎知識をもとに、専門知識・周辺知識を修得し、顧客ニーズへの基本的対応力を高めることを目的とした「専門課程」があり、専門課程試験合格者には『ライフ・コンサルタント(略称LC)』の称号が与えられます。

専門課程試験で得た知識を活かした応用力・実践力を養成し、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な全般的知識を修得することを目的とした生命保険の資格に「応用課程」があります。

この「応用課程試験」合格者には『シニア・ライフ・コンサルタント(略称SLC)』の称号が与えられます。

応用課程試験の合格者を対象に、ファイナンシャル・プランニング・サービスに必要な生命保険他、関連知識をより専門的なレベルで修得することを目的とした「生命保険大学課程 」が次の段階で、この生命保険の資格「生命保険大学課程試験(全6科目)」合格者で、一定の条件を満たす者には『トータル・ライフ・コンサルタント〔生命保険協会認定FP〕(略称TLC)』の称号が与えられます。

変額保険の販売に必要な知識を修得することを目的とした生命保険の資格「変額保険販売資格制度」は、生命保険募集人として登録済で、専門課程試験の合格者であること等、一定の要件を満たしている者を対象に変額保険販売資格試験を実施しています。

生命保険一般過程試験とは?

生命保険業界では、昭和49年から業界共通の生命保険募集人教育制度を確立し、平成4年の抜本的な改正後、「生命保険一般課程試験」のほか、専門、応用、生命保険大学の各課程ならびに変額保険販売資格試験の体系的な教育制度を実施しています。

生命保険一般課程試験」は、生命保険会社をはじめ生命保険を扱う機関の社員が新たに生命保険募集人として登録する際に受験する、社団法人生命保険協会主催の試験です。

生命保険における基礎知識の修得を目的としている「生命保険一般課程試験」は、営業職員の場合は、3ヶ月間の所定の単位の履修後、2ヶ月以内に受験しなければなりません。そして、「生命保険一般課程試験」に合格した後の登録後も研修を行っています。

生命保険一般課程試験」は、生命保険募集に必要な知識やスキルを認定し、大学課程試験合格者にはトータル・ライフ・コンサルタントの称号が与えられます。