生命保険の代理店について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の代理店について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の代理店について

保険契約者と保険会社のパイプ役となり、契約者にとって最適な提案をし、万一の場合は、親身になって迅速かつ円満な対処をサポートするなど、広範なコンサルティング活動に力を尽くすことが生命保険の代理店の重要な役割です。

生命保険の代理店は、大まかには、保険募集を本業とする「専業代理店」、他の事業との関連で保険を取り扱う「兼業代理店」、(カーディーラーや不動産業者など)、企業グループの中で、社員や自社の保険契約を扱う「企業内代理店」に分けられます。

インターネットを活用した通信販売が普及し、流通の担い手である生命保険の代理店や外務社員が要らなくなるという予測もあります。

しかし、複雑で多くの金融商品の中から、お客さんが自分でニーズに合った保険を選択することは容易ではありません。

保険会社が新しく作った複雑な商品に入ろうとする場合、契約者の立場に立ったコンサルティングが必要になってきます。

家庭や企業にとって生命保険は大きな支出ですから、信頼できる生命保険の代理店と相談しながら適切な保険会社や保険商品を選ぶことはとても重要です。

これからの保険マーケットの中で生命保険の代理店の役割はより重要になって行くとも考えられます。