生命保険の解約方法は? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の解約方法は? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の解約について

生命保険解約をする前に、生命保険解約してしまうと、その契約は元には戻せないという事を考えておかなければなりません。

生命保険解約をした次の日に、病気になったり、亡くなるという事もあるかもしれませんし、また、新しい生命保険に加入出来ないと言う場合もあります。

ですから、生命保険解約をする時は、よく考えてから実行しましょう。

また、新しい生命保険を契約する場合は、その生命保険の契約が成立(効力が発生)してから、古い生命保険解約をしましょう。

生命保険解約方法としては、
・担当者に連絡をして、解約を申し出る。
・電話で書類を送付して貰い、必要書類を確認して保険会社の本社サービス窓口に連絡する(または出向く)。
・近くの支社・営業者に電話または、訪問する。
などがあります。

また、「減額」、「特約の解約」、「払い済み」、「延長定期」、「契約者貸付」などの方法により、生命保険解約をしないで保険を継続する方法もあります。

かつて販売した予定利率5.5%のような高予定利率の保険契約は、現在のような低金利時代でも5.5%の運用を続けなくてはいけません(逆ザヤ)。

これは「お宝保険」と呼ばれ、契約者側では、なんとしてでも解約してはいけない契約です。