生命保険の選び方は? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の選び方は? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

年代別おすすめの生命保険

20代〜30代の独身の方におすすめの生命保険は、定期保険、医療保険等です。

まだそれほど高額な死亡保障は必要なく、死亡整理金や親に残すお金として、500万円から1000万円もあれば十分でしょう。

20代〜30代の既婚者には、定期付終身保険、逓減定期保険、収入保障保険 、医療保険、がん保険、こども保険等がおすすめの生命保険です。

特に小さいお子さんがいる方は、最も保障が必要な時期です。

40代の方には、終身保険、定期保険、定期付終身保険、収入保障保険、養老保険、特定(3大)疾病保障保険、医療保険、がん保険、個人年金保険等がおすすめの生命保険です。

中高年期に、かかりやすい病気に備えた医療保険が必要となり、また、お子さんがいる方は、お子さんの年齢によって、必要な保障を考えて保険を選びましょう。

50代の方におすすめの生命保険は、終身保険、定期保険、養老保険、特定(3大)疾病保障保険、医療保険、がん保険、個人年金保険等です。

老後への貯蓄、医療保障や介護への備えなどを中心に商品を選んでください。

60代の方には、終身保険、定期保険、特定(3大)疾病保障保険、医療保険、がん保険等がおすすめの生命保険です。

医療保険と小額の死亡保障や介護保障などを中心に保障を選びましょう。

生命保険の選び方

生命保険に加入する時は、誰でも「なるべく有利なものに加入したい」と思うでしょう。
自分にとって有利な生命保険の選び方は、いくつかの生命保険を比較して、一番自分に合ったものを選ぶ方法です。

しかし、生命保険には形があるわけではないので、同じ条件での生命保険の選び方にはなかなか難しいものがあります。

ただ単に保険料の額だけで選ぶというのは、最適な生命保険の選び方ではありません。

生命保険の選び方で大切なのは、正しい比較をするための物差しを持ち、「何を保険で準備したいのか」、「どれ位準備するのが妥当なのか」など、自分なりに意思決定するための基準を持つことです。

「何を生命保険で準備するのか」を決め、「生命保険の特徴を理解」したら、自分の基本方針に沿って、いくつかの生命保険を比較することで、最適な生命保険の選び方が出来ます。

「基本方針」や「目安」をしっかり持ち、オーダーメイドの生命保険に加入するつもりで問い合わせをすれば、自分にとって最適な保険を探し当てることが可能になるでしょう。

また、生命保険の選び方には、独立系のファイナンシャルプランナーに相談するという方法もあります。

生命保険を選ぶには

生命保険に加入する時は、誰でも「なるべく有利なものに加入したい」と思うでしょう。

自分にとって有利な生命保険を選ぶためには、いくつかの生命保険を比較して、一番自分に合ったものを選ぶことが最良の方法です。

しかし、生命保険には形があるわけではないので、同じ条件で生命保険を選ぶことはなかなか難しいです。

生命保険を選ぶ際、ただ単に保険料の額だけでは、最適な商品を選ぶことは難しいです。

生命保険を選ぶ際には、正しい比較をするための物差しを持ち、「何を保険で準備したいのか」、「どれ位準備するのが妥当なのか」など、自分なりに意思決定するための基準を持つことが大切です。

「何を生命保険で準備するのか」を決め、「生命保険の特徴を理解」したら、自分の基本方針に沿って、いくつかの生命保険を比較し、最適な生命保険を選んでください。

「基本方針」や「目安」をしっかり持ち、オーダーメイドの生命保険に加入するつもりで問い合わせをすれば、自分にとって最適な保険を探し当てることが可能になるでしょう。

また、生命保険を選ぶには、独立系のファイナンシャルプランナーに相談するというのも、よい方法です。