生命保険とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険料控除について

生命保険契約を結ぶと、契約した人は保険会社に保険料を支払いますが、この支払った保険料の一定額までがその年の契約者の所得から差し引かれます。

これを生命保険料控除といいます。

この控除により結果、所得税と住民税が軽減されます。

生命保険料控除とは別に、個人年金保険料控除、損害保険のなかの火災保険や傷害保険等の保険料控除があります。

生命保険料控除の対象になるのは、保険金受取人が本人、配偶者、親族で6等身以内の血族か3等身以内の姻族である生命保険の保険料で、その年の1月1日から12月31日までに払い込んだ保険料が対象になります。

同居していなくても親族であれば生命保険料控除の対象となります。

疾病入院や災害入院などの入院の保険特約を付帯している場合はその部分の保険料に関しては、生命保険料控除の対象になります。

生命保険会社って元々何?

生命保険会社とは、生命保険業を営む会社で、保険者としての責任を負います。

生命保険会社には、相互会社と株式会社の二つの組織形態があります。
これら生命保険会社の主な業務は、新契約募集業務、危険選択業務、保険料収納、保全業務、保険金支払業務、資産運用などです。

生命保険会社は、人の生死に関した場合に保険金を支払う契約で、保険料を契約者から集め、その人が死んだ時に遺族への保証を行なうことが先頃までの大きな目的でしたが、現在は、けがや病気をした時の医療費の補償も生命保険会社の大切な役割になっています。
通常、契約期間がとても長いので、生命保険会社は長期金融機関の色合いが強くなって来ています。

生命保険とは?

生命保険には、万一のときの残された家族のためだけでなく、医療費の確保や、老後の生活保障など、自分のためにそなえる機能もあります。

生命保険には、大きく分けて3つの基本形があります。

1、「死亡保険」
死亡や高度障害状態となった場合のみ、保険金が支払われる生命保生命保険険で、「終身保険」、「定期保険」、「定期付終身保険」があります。

2、「生存保険」
契約してから満期まで、生存していた場合のみ保険金が支払われる生命保険で、「年金保険」や「こども保険」があります。

3、「生死混合保険」
保険期間の途中で死亡または高度障害になったときや、満期まで生存していた場合に保険金が支払われる(死亡保険と生存保険を組み合わせた)生命保険です。

※「養老保険」
死亡保険=生存保険(養老保険、定期付養老保険)

「終身保険」は、保障が一生涯続くもの(保険料払込満了後も保障継続)で、「定期保険」は、掛け捨てタイプ(保険期間が終わると、保障は全くなくなる)、「年金保険」は、払い込まれた保険料を年金の原資として積立て、保険料の払込が満了した時点から毎年定額の年金が所定の期間支払われるもの、「養老保険」は、一定の保険期間で、その間死亡した場合には死亡保険金が、満期時に生存していた場合には満期保険金が受け取れる(満期保険金=死亡保険金)ものです。

その他に、一生涯の保障に加え、一定期間の高額保障を確保できる「定期付終身保険」や一定期間の高額保障を確保しながら資産形成を図ることができる「定期付養老保険」等があります。