生命保険の更新について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の更新について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の更新について

生命保険の更新とは、定期保険、医療保険などの場合、保険期間が満了したときに、原則としてそれまでと同じ保障内容・保険金額で継続できる制度です。

生命保険の更新の際、更新時の年齢、保険料率によって保険料が再計算されるので、保険料は通常高くなります(生命保険会社の取扱範囲内で保険金額を減額して更新することもできます)。

契約者から申し出がなければ自動更新となるので、生命保険の更新を希望しない場合はこちらから申し出なければなりません。

定期保険特約を終身保険などに付加する場合は、契約から終身保険の保険料払込満了までが特約の保険期間となり、その間特約の更新のない「全期型」と、契約から10年・15年などを特約保険期間として、特約保険期間が満了するごとに、終身保険の払込期間満了までを限度として更新していく「更新型」の2つのタイプがあります。

「全期型」の場合は生命保険の更新がないので、特約保険料は変わりませんが、「更新型」の場合は、特約の保険金が「全期型」と同額の場合、契約当初は特約保険料は安いですが、生命保険の更新後の特約保険料は通常高くなります。

生命保険の更新時には、「更新後の提案書、設計書が転換になっていないかどうかを確認する」「転換(新規保険の提案)の提案は避ける」、「終身保険は継続する」、「現在の定期保険を減額していく方法もある」、「終身保険のみの継続の場合は他社で入院(医療)保険を考える」などのチェックポイントがあります。