生命保険の見直しについて 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の見直しについて 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の見直しについて

生命保険の見直し時期には、就職、結婚、子供の誕生、(転職)、子供の独立、退職などがあります。

末子の誕生時を最高の保障額にし、小学校に上がった頃や、子供が就職する頃、保障額を減らし、子供が全員独立したら思い切った減額をします。

その後数年は、自分が死んでも誰も金銭的に困ることがないので、保障は低めで、病気に備える医療保険を中心に考え、あとは貯金をすると言うのが一般的な生命保険の見直し方です。

転職して自由業などになる場合は、遺族年金の保障が薄くなるので、その分上乗せを考え、また入院中の収入が心配であれば所得保障の加入を検討します。

40代ころからは、がんになるリスクがあがるため、がん保険に入ることも検討し、女性の場合は女性特有の病気に備えることも考える時期です。

また、生命保険の見直し方には、目的により色々な方法があります。

まず、保障額が不足しているときの生命保険の見直し方には、中途増額、特約の中途付加、新規加入等の方法があります。

保障を削りたいときの生命保険の見直し方には、中途減額、解約、特約のみの解約等の方法があります。

保険の種類を変えたいときの生命保険の見直し方には、契約の転換、保険の乗り換え等の方法があります。

保険料の払込みをやめて保障を残したいときの生命保険の見直し方には、払済保険、延長保険等の制度があります。