生命保険の苦情とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の苦情とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の苦情とは?

生命保険の苦情で最も多いのが「保険金・給付金関係」、次に「新契約関係」「保全関係」「職員の態度やマナー」となっています。

具体的な生命保険の苦情には、「本来払うべき保険金を支払わない」「営業員が不正な契約をした」「保険の更新時期に依頼していないのに契約を切り替えられた」「書類を偽装して契約を解除された」などがあります。

営業職員の説明不足、虚偽説明、無断契約、健康状態の告知を避けるような言動など、営業職員の対応の悪さによる生命保険の苦情もたくさんあります。

こういったケースの生命保険の苦情には、営業員に苦情をいうと現場で処理されてうやむやになるケースが多いので、「お客様相談窓口」か「カスタマーセンター」などに相談しましょう。
営業の現場とは完全に切り離されているので対応も真摯です。

まずは、自分が基本的な生命保険の種類と特徴を理解・検討し、外交員にきちんと納得がいくまで説明を求めれば、こういった生命保険に関する苦情は減るでしょう。