自己破産をすると生命保険はどうなる? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

自己破産をすると生命保険はどうなる? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

自己破産をすると生命保険はどうなる?

生命保険が積立型の場合、解約時に解約返戻金が支払われる場合があります。
この解約返戻金は本人の財産と判断されますので、自己破産したら生命保険を解約して解約返戻金を支払う必要があります。

ただし、生命保険の内容によっては解約返戻金を担保にお金を貸し付けてくれる、契約者貸付制度という制度がありますので、この制度を利用して保険会社から借入を行い、解約返戻金を20万円以下にすれば、自己破産しても生命保険を解約する必要はなくなります。

また、相当額の負担であれば、自己破産の手続中でも生命保険の掛け金を支払うことは、生活に必要な経費として認められています。

本人の財産かどうかは、単に名義だけではなく実質的に本人の財産と認められるかどうかで判断されますので、親が本人名義で積み立てた生命保険でも、その解約返戻金が実質的に本人の財産と判断される場合には、自己破産したらその生命保険は解約する必要があります。

いずれにしても自己破産を申し立てる際には、生命保険の返戻金がどれくらお戻ってくるかという「解約返戻金証明書」を保険会社に発行してもらい、裁判所に提出する必要があります。