帝王切開と生命保険 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

帝王切開と生命保険 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

帝王切開と生命保険

これから出産される方は、帝王切開生命保険給付について関心があるのではないでしょうか。

帝王切開生命保険の手続き上「異常分娩」にあたり、医療保障に入っていれば、「手術給付金」も「入院給付金」も支払われます。

しかし、帝王切開生命保険に入る前に経験者している方の場合は、全く加入できないということはないでしょうが、「妊娠にともなう手術や入院は給付の対象外」となる可能性が高いでしょう。

ケガや別の病気での入院や手術については給付されるでしょうが、帝王切開のときに生命保険の給付を受けるのは難しいでしょう。

帝王切開での出産は健康保険がききますから、手術や投薬などの保険診療部分は高額療養費の対象になり、自己負担上限額を超えた部分は還付されますが、室料は健康保険はききません。

通常の出産は病気ではないので、健康保険はききませんし、医療保険に加入していたとしても入院給付金は支払われませんが、帝王切開は健康保険がききます。

普通分娩でもかかる費用や、高額療養費として還付される費用などを考えてみますと、帝王切開の場合、生命保険に入っていなくても、実際に持ち出す金額は普通分娩とあまり変わらないことが多いようです。