生命保険の営業職員とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の営業職員とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険の営業職員とは?

生命保険の営業職員は、一般家庭を訪問しての生命保険の勧誘と保険料の集金、企業や団体の職場を訪問しての募金や団体保険の設計、販売などを仕事とします。

契約をいただいたお客さんに対してのアフターフォローも、生命保険の営業職員の大切な仕事です。

生命保険の営業職員の仕事をするには、生命保険会社に入社後、研修を受け、生命保険協会が実施する一般課程試験に合格し、金融監督庁に登録することが必要です。

しかしなかなか契約が取れず、現在では、その生命保険の営業職員の数は減ってきています。

生命保険の営業職員の仕事は実力の世界であり、収入の少ない人と多い人の格差が激しくなります。

固定給とそのほかは完全歩合給なので、契約数の少ない生命保険の営業職員は収入が取れません。

生命保険会社に入社しても、2年以内に約8割の人が辞めていくそうです。