生命保険について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険について

生命保険については、万一のときの残された家族のためだけでなく、医療費の確保や、老後の生活保障など、自分のためにそなえる機能もあります。

生命保険については、大きく分けて3つの基本形があります。

1、「死亡保険」

死亡や高度障害状態となった場合のみ、保険金が支払われるもので、この生命保険については、「終身保険」、「定期保険」、「定期付終身保険」があります。

2、「生存保険」

契約してから満期まで、生存していた場合のみ保険金が支払われるっもので、この生命保険については、「年金保険」や「こども保険」があります。

3、「生死混合保険」

保険期間の途中で死亡または高度障害になったときや、満期まで生存していた場合に保険金が支払われる(死亡保険と生存保険を組み合わせた)生命保険です。

※「養老保険」

死亡保険=生存保険(養老保険、定期付養老保険)

「終身保険」は、保障が一生涯続くもの(保険料払込満了後も保障継続)
「定期保険」は、掛け捨てタイプ(保険期間が終わると、保障は全くなくなる)
「年金保険」は、払い込まれた保険料を年金の原資として積立て、保険料の払込が満了した時点から毎年定額の年金が所定の期間支払われるもの
「養老保険」は、一定の保険期間で、その間死亡した場合には死亡保険金が、満期時に生存していた場合には満期保険金が受け取れる(満期保険金=死亡保険金)ものです。

その他の生命保険については、一生涯の保障に加え、一定期間の高額保障を確保できる「定期付終身保険」や一定期間の高額保障を確保しながら資産形成を図ることができる「定期付養老保険」等があります。