生命保険金について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険金について 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

生命保険金について

一般に、生命保険金を受け取る権利は、保険契約によって発生するもので、民法上は相続財産には含まれません。

生命保険金の受取人として特定の人が指定されている場合には、生命保険金の請求権を持つ「受取人」のみが生命保険金を受け取ることができ、それは民法上相続財産ではなく、遺産分割の対象にもなりません。

生命保険金の受取人が、単に「相続人」と指定されている場合は、相続人各自が保険金請求権を取得しますが、それは相続としてではないので、民法上相続財産には含まれません。

相続人が受け取る生命保険金の割合については、保険会社の約款の多くは、「均等の割合」としていますが、保険会社によって内容が異る場合もあります。

一般的には、「相続人が平等の割合で取得する」という考え方と、「法定相続分による」という考え方があるようです。

死亡保険金の受取人は相続によって生命保険金を受け取るのではないので、相続放棄したとしても生命保険金を受け取る権利は無くなりません。

また、生命保険を受け取ると単純承認とみなされたり、相続放棄ができなくなるといったこともありません。

相続税法上、生命保険金は、「みなし相続財産」として課税されますが、非課税部分がありす。