団体生命保険とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

団体生命保険とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

団体生命保険とは?

所属している企業や団体が生命保険会社と契約していれば、勤務先や団体を通して契約ができる「団体生命保険」という保険があります。

この「団体生命保険」は、サラリーマンが勤務先を通じて契約したり、自営業者が商工会議所や協同組合などを通じて任意に契約するものです。

団体生命保険」の種類には、

・団体定期保険(任意加入)
保険期間は一年で、通常退職まで保障を継続(更新)できますが、満期保険金はなく、保険期間中に死亡した場合のみ死亡保険金が受け取れます。

拠出型企業年金
・在職中に任意に契約し、老後に年金を受け取るためのもので、保険料払込期間中に死亡した場合、遺族一時金などを遺族が受け取れますが、金額は少額です。

医療保障保険(団体型)
・病気やケガで入院した場合、公的医療保険の自己負担割合に応じた治療給付金や入院給付金が受け取れるもので、死亡した場合、死亡保険金が受け取れますが、金額は少額です。

他に、消費者金融等を利用する際に消費者金融業者等が契約者となり債務者を被保険者とする生命保険に「消費者信用団体生命保険」というものがあります。

この「消費者信用団体生命保険」は、債務者が死亡した際等に保険金の支払により債務が消滅するため、以後の遺族の生計を助ける保険ですが、債務者が知らないうちに被保険者になっていることも多く、少額で短期の貸付債権の回収のために不当に利用されているという指摘もあります。