簡易生命保険とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

簡易生命保険とは? 生命保険の見直し・相談の保険選び方講座

簡易生命保険とは?

簡易生命保険(Postal Insurance)(通称、簡保(かんぽ))とは、郵政民営化(2007年10月1日)以前に、簡易生命保険法の規定により、日本政府・日本郵政公社が行っていました。

現在は「独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構」に承継された簡易生命保険契約のことです。

郵政民営化以前に契約されたものに関しては、日本政府による保証を継続させるため、かんぽ生命保険には移行されず、現在のかんぽ生命保険との保険契約は「簡易生命保険」ではありません。

加入に際して、医師の診断や職業上の制約がなかったため、簡易生命保険には、民間の保険への加入が難しい危険度の高い職業の人でも加入が可能だったことや、身近な機関の郵便局で申し込みが出来たため、「簡易保険」という名前がついていました。

ただし、加入の際の制約が少ない分、契約可能な保険金は一般生命保険に比べて低く、加入限度額も700万円から1300万円に規定されていました。

なお、現在、実務的な運用・管理業務は株式会社ゆうちょ銀行および株式会社かんぽ生命保険に委託されています。